トップページ > 同窓会概要 > 暁星学園同窓会会則

暁星学園同窓会会則

 1章 総則

1条(名称)

 本会は暁星学園同窓会と称する。

2条(目的)

 本会は会員相互の親睦を図り、あわせて暁星学園の発展に協力することをその目的とする。

3条(事業)

  本会は次の事業を行う。

      講演会、懇親会、その他親睦を図るための行事

      会誌、名簿等の出版物の発行

      本会の目的を達成する為のホームページ、その他インターネットの活用

      その他本会の目的を達成するに必要な事業

4条(事務局)

   (1) 本会の事務局を、東京都千代田区富士見1丁目25号 暁星学園内に置く。

   (2) 事務局の職員は、会長が委嘱する。

 

2章 会員

5条(会員)

 本会の会員は次の3種に分ける。

  正会員

       暁星中学校(旧制)又は暁星高等学校を卒業した者。

       1年以上暁星学園に在籍した者は正会員2名の推薦を以て正会員になることができる。

  名誉会員

      暁星学園又は本会に功労があって評議員会が推挙した者。

  特別会員

      暁星学園の現旧職員であって正会員でない者。

6条(会費)

      本会の正会員は、別に定める会費規程に基づき、入会金、年会費、臨時会費、並びに本会の行う事業に必要と認める費用を負担する。

 

3章 役員

7条(名誉顧問)

  暁星学園の現任の理事長、校長、及び園長は、名誉顧問に推戴する。

8条(本部役員)

  本会に次の本部役員を置く。

     ① 会長       1

     ② 副会長     3名以内

     ③ 理事     30名以内

     ④ 監事       3名以内

9条(本部役員の選出)

  本部役員は理事会が推薦し、評議員会でその承認を受けた後に総会で報告する。

10条(本部役員の任期)

  (1) 本部役員の任期は2年とし、重任を妨げない。但し、会長、副会長、及び監事は原則として3期までとする。

  (2) 補欠又は増員により選任された本部役員の任期は前任者又は現任者の残任期間とする。

  (3) 本部役員は任期終了後も後任者決定まではその職務を行う。

11条(本部役員の職務)

  (1) 会長は本会を代表し、会務を総括し、総会、評議員会及び理事会を招集する。

  (2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。

  (3) 理事は本会の会務を分担、執行する。

  (4) 監事は本会の経理状況及び会務の執行を監査し、評議員会並びに総会に報告する。

12条(顧問)

  (1) 顧問は会長又は副会長の職にあった者、並びに評議員会で特に推薦する者に対し会長が委嘱する。

  (2) 顧問は会長の諮問に応じて意見を述べる。

 

4章 評議員

13条(選出)

  評議員は、原則として各年度各組1名を選出する。

14条(任期)

  評議員の任期は4年とし、重任を妨げない。任期途中で選任された者の任期は前任者の残任期間とする。

 

5章 会議

15条(総会)

  (1) 定時総会は、毎年1回前会計年度終了後6カ月以内に会長が招集し、会長がその議長となる。

  (2) 会長が必要と認めた場合は臨時総会を開催することができる。

  (3) 招集通知は会員名簿記載又は届け出の住所宛に発送する。

  (4) 総会は、評議員会の承認を経た本会の予算、決算、本部役員、並びに会務の重要事項の報告を受ける。

16条(評議員会)

  (1) 評議員会は、毎年1回定時総会前に会長が招集し、会長がその議長となる。

  (2) 評議員会は、評議員及び本部役員を以て構成する。

  (3) 評議員会の定足数は評議員及び本部役員の総数の半数とする。

  (4) 会長が必要と認めた場合は臨時評議員会を開催することができる。

  (5) 評議員会は、本会理事会から提出された予算案、決算案、及び会務の重要事項、並びに本会理事会の推薦した本部役員を承認する。 

  (6) 評議員会の議事は出席者(委任状を含む。)の過半数を以て決する。

17条(理事会)

  (1) 理事会は、原則として月1回会長が招集し、会長がその議長となる。

  (2) 理事会は、本部役員を以て構成する。 

  (3) 理事会の定足数は監事を除く本部役員の半数とする。

  (4) 理事会は、本会則に特に定めのない限り、本会会務を決定する。

  (5) 理事会の議事は監事を除く出席した本部役員の過半数を以て決する。賛否同数の場合、議長が決定する。

 

6章 会計

18条(資産)

  (1) 本会の資産は、会員からの入会金、年会費、臨時会費その他の収入並びに寄付行為による資金と、その他の財産を以て構成する。

  (2) 本会の資金は然るべき金融機関に預託、保管する。

19条(経費)

  本会の経費は本会計資産を以てこれに充てる。

20条(会計年度)

  本会の会計年度は、毎年41日より翌年331日までとする。

21条(予算・決算等の承認)

  会長は毎会計年度終了後、事業報告書、決算書、財産目録を作成し、監事の監査を受け、評議員会の承認を得て、これを総会に報告する。また、事業計画書、予算書を作成し、評議員会の承認を得て、これを総会に報告する。

 

7章 会則の変更

22条(会則の変更)

  本会則の変更は、評議員会の承認を得た上、総会に報告する。

 

附 則

 

この会則は200974日から施行する。

 

194641      制定

196366      改正 同630日施行

1970824     改正施行

1987824     改正施行

199372日     改正施行

200173      改正施行

2007年7月4日      改正施行

2015年5月16日   改正施行  

▲ページトップへ