トップページ > 第14回ウォーキング...

第14回ウォーキング報告

第14回の暁星同窓会ウォーキング同好会は2013年3月30日(土)、

早々と満開になった桜が嘘の様に寒い午後のスタートとなりました。

 今回は初参加の方3名を含む総勢28名が参加、

東横線学芸大学駅近くの碑文谷公園で小谷さんの指導の下、

ストレッチをしてから出発しました。 
  
先ずは桜の散り始めた呑川柿の木坂支流緑道を経由して九品仏浄真寺へ。

九品仏.jpg
都内とは思えぬ佇まいの落ち着いた境内で九品仏の由来

(3つの阿弥陀堂に上品上生(じょうぼんじょうしょう)、

上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、

下品中生、下品下生を表す9体の阿弥陀如来像が3体ずつ安置されている)

の説明を受け、全員納得。 

それぞれの手の印相が異なっているという説明は

見終わった後にあったので、見落とした方の方が多そうでした。 
 
 ここからは、東急九品仏駅前を通過して、

閑静な尾山台の住宅地を抜け、等々力渓谷へ。 

うっそうと木が茂る都内唯一の渓谷を

下流から上流へと歩いて、中ほどで小休止。 

等々力渓谷.jpg
「きっと夏は涼しくて気持ちが良い場所なんだろうな」と

思わせる場所ではあるのですが、

残念ながら当日の天気ではそうは感じられず。

 更に上流に歩き環八の下をくぐって渓谷に別れを告げ、

今度は環八を歩道橋で渡り、上野毛教会の前を通って、

その先の上野毛自然公園で小休止、

もうゴールの二子玉川は目と鼻の先。
  
 武蔵野台地が多摩川に向かって落ちる崖を降りて、

二子玉川駅裏大規模再開発のマンション群の下の広場で

完歩ストレッチの後、二子玉川駅で解散しました。 

全行程約10㎞、歩行時間は2時間半弱でした。 
  
 次回は10月下旬を予定しています。 

今回、予定が合わず参加できなかった方々もお待ちしています。

▲ページトップへ