トップページ > 第6回 ワイン同好会...

第6回 ワイン同好会報告

晴天に恵まれた平成24年9月15日、

ワイン同好会のメンバーは一路伊豆修善寺に向かった。

目的地は中伊豆にある「中伊豆ワイナリー シャトーT.S.」。

暁星の食堂を委託運営され、カラオケでも有名な

シダックスの志太勤一(1976卒)先輩が、

趣味のワイン好きが高じて作ってしまったワイナリーである。


東京駅9時発の踊り子105号修善寺駅行きに乗車したメンバーは、

浅尾会長ご夫妻をはじめ総勢19名。お

およそ2時間で修善寺駅に到着。

駅ではワイナリーから専用車でお出迎えがあり、そのまま目的に向かう。


修善寺の駅から車で10分ほど。

山中を行くといきなり眺望が開け、広大なブドウ畑が展開する。

コピー ~ 20120929112907305_0001.jpgのサムネール画像

その正面にそびえ建つ4階建ての堂々たる白亜のシャトーが中伊豆ワイナリーだ。

ワイナリー専属ソムリエの吉田学氏の案内で、

まずは屋上の展望スペースへ。

富士山を望む眺望は見事で、眼下には国内有数の規模である

.5haものブドウ畑が広がる。絶景だ。

次は志太先輩のコレクションセラーを拝見。

19世紀前半の「プレ・フィロキセラ コレクション」や、

棚一面に並べられたカリフォルアの銘酒「オーパス・ワン」など

垂涎もののグラン・ヴァンが埋め尽し圧巻。

その後は醸造設備や、オーク樽の中で熟成中のワインが眠るセラー、

ドウ畑を見学。ブドウ畑には収穫寸前のブドウの房がたわわに実っている。

つまんで口にほおると、ブドウは完熟し甘実がのっており美味しい!

 さて、いよいよ本日のメイン、バーべキュー会場「グラッパの丘」へ。

 シャトーとブドウ畑が一望できる見晴らしの良い丘には、

 イタリアの蒸留酒グラッパを造る銅色に輝く蒸留器が据えられ、

 その傍らのブドウ棚の下にバーベキュー・コーナーがある。

 

コピー ~ 20120929113512804_0001.jpg


 食べ放題のうえに、この日は暁星同窓会のイベントということで、

 特別にワイナリー産の高級ワインが飲み放題。

 このワインは香りが良いとか、こっちはフルボディーだなどと、

 食事そっちのけでワイン談議に声が弾む。

 さすがワイン好きの暁星ボーイの面々、論評が鋭い。

 食べるほどに飲むほどに参加者の顔がほころび談笑がはずむ。

 解散時にはすっかりほろ酔い気分。

 楽しく幸せな一日であった。

 志太先輩、ありがとうございました。

▲ページトップへ