トップページ > 第5回ワイン同好会 ...

第5回ワイン同好会 ワイナリ見学バスツアー報告

 先日5月15日(土)、葡萄酒の銘醸蔵、斯界屈指の歴史を誇る甲府の株式会社サドヤを日帰りで訪問して参りました。同社は欧歴1917(大正6)年今井精三氏により創業。戦前から自家農園開墾、フランス原産葡萄品種の栽培を手掛け、帝室御用を拝命、本邦葡萄酒生産の先駆者となって来ました。 

66年卒今井裕久兄が同社最高顧問です。ワインの会バス.jpg
参加は浅尾同窓会長ご夫妻以下30名。81年卒吉澤兄が経営に携わる株式会社グリーンキャブより豪華な大型観光自動車を配車戴きました。快晴の空の下、新緑の煌めきに包まれながらの旅は快適そのものでした。世話役81年卒遠藤兄の手配で、エビス麦酒(82年卒遠藤兄協賛)、サントリー葡萄酒(76年卒田中兄協賛)の豊富なご提供を受け車中から酔客の歓声に包まれました。 
 

 

現地では今井兄に出迎えられ、まず迷路の様な地下倉に案内戴きました。かつて貯酒槽として使用されていた天井高3米の方形空間が今は展示場として使われています。葡萄酒を樽熟成させている樽貯蔵庫は圧巻でした。

貯酒槽.JPG 

 

 

 

 

 

 

樽庫.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地上に戻ると、清楚な洋館の大食堂貸切で午餐が用意されていました。今井兄が音頭をとり薄紅色に輝く発泡葡萄酒で乾杯、フランス料理と共に自家秘蔵の貴重な白、赤のシャトーブリヤン熟成古酒を堪能、甘味酒精強化酒オーナーヴで〆ました。

 

サドヤ.JPG乾杯.JPG

 

 

 

 

 

 

 

宴.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宴たけなはに去り難く予定を大幅に超えて御開。記念撮影の後、最高顧問今井兄、代表取締役社長萩原氏以下の堵列お見送りを背に甲府を辞去しました。そして九段到着前には金谷同窓会副会長に総括戴き解散となりました。

 

記念撮影.jpg


 参加された同窓会事務局59年卒関戸兄には募集や会計などご面倒見て戴き、暁星クラブSNSでは平行募集をお手伝致しました。              

 

別記:
 今井兄の計らいで、歴史的な出会いが宴場でありました。甲府在住の本田忠良氏と長野善光寺德行坊住職79年卒若麻積敬史兄。川中島の戦で善光寺本堂が炎上、武田信玄氏が甲府善光寺を建立し本尊を譜代衆若麻績一族と共に甲府へ移した。本尊は天下人の変遷に伴い尾張(織田)三河(徳川)京(豊臣)と47年間流転の後、豊臣秀吉氏没後若麻績一族と共に長野へ戻ったが、甲府善光寺には若麻積一族の一部が残った。その末裔15代当主が本田家筆頭忠良氏です。1558年以来450年振りの離別一族の再会でした。

 

4nJlZbRCJ47sCNBM3603ks3CwibY01[1].jpg           
                                                                          (79年卒 岡村 仁 記)

▲ページトップへ