トップページ > 同好会活動内容 > 釣り同好会 > 第6回 東京湾キス釣...

第6回 東京湾キス釣り大会 開催

日時 :2009年6月6日(土)
集合 :午前7時
釣り宿:羽田「えさ政丸」
参加者:14名

 

turi090601.jpg当日は、釣り同好会始めての雨。前日から降り続く雨は朝になっても止まず。
乗合船であれば乗船せずにすむが、仕立て船のつらいところ少々の雨では出船しなければならない。

多摩川河口を出てアクアライン沿いの木更津市盤州沖へ向かう。途中北風があり海上は所々白波が見えている。

盤州沖釣りポイントに到着。船長の合図で仕掛けを投入すると型の良いキスが入れ掛り状態。
昨年の様なワカサギサイズは少ない。エド山口会長は30分程で20センチ以上のキスを10匹も釣りあげた。
船長からも「皆さん平均30匹以上は釣れているよ」と。

昼頃になると風はおさまり白波も無くなった。しかし小雨が降っており船酔いの人もいるので船上での天麩羅は諦め午後1時半に船宿へ戻る。

エド山口会長は竿頭で70匹以上を釣りあげたとのこと。流石は釣り同好会の会長。
江戸前のキス・メゴチ・アナゴ等の天麩羅を食しながら和やかに歓談し、記念撮影を済ませ解散した。

 

キス釣り仕掛けについて(ご参考まで)

 

【釣り週刊誌等の仕掛け】

胴付き仕掛けでおもり15~20号。
おもりの上部20~25センチのハリスから30~40センチの枝針出す。

(昔の青キス仕掛けが今見直されている)
片川さんがこの仕掛けでした。

 

【高木先輩(59年卒)ベテランの仕掛け】

和竿で天秤に5号前後のおもり
ハリスが絡まぬようハリスの元にヨリを入れた仕掛けで手際よく数釣りをされていました。
おもりが軽い方が潮に流されエサがキスの泳層にヒットし、又おもりが軽いのでキスの食い込みが良く向こうあわせで釣れるのでしょう。

皆さん今回は天気に恵まれませんでしたが これに懲りずに次回の参加をおまちしています。

 

turi090602.jpg

▲ページトップへ